とーふこーぼー

牛乳豆腐が気の赴くままに書き連ねるブログ

途中下車の「赤羽リスペ」がなぜ荒れているのか

音MADを制作し始めてはや半年ほど経ったわけですが、他の作者様方と関わったり動画を見たりして様々なことを学びました。

 

最近の下車はRED WINGリスペクトシリーズ、いわゆる赤羽リスペ(以下:赤羽)がたびたび投稿されているわけですが、なぜこのシリーズに否定的な意見が多く寄せられるようになったのでしょうか。本日の記事はこれについて私自身の意見を述べさせていただきます。

 

この記事を読んでいただくにあたり知っておいていただきたいことは、私も「赤羽」には良いイメージはありませんし量産されること自体好きではないです。

と言いましても元から嫌いなわけではなく、本家赤羽が削除されるまでは見ていましたし、肯定的でした。私が赤羽を悪く言うのはそこからですかね。

 

本家赤羽が消された理由は定かではないですが、その後多くの人が再アップしたでしょ。やめとけよと。視聴者側からすると再アップはうれしいものですが投稿者側からすると嫌でしょ。消したものを晒しあげられるとか。

本家が消されたから落ち着くかなとは思ったんですけど全然ですよね。REDZONE以外の○○ZONE使って全く新しい構成で作るんならまだしも同じ曲、同じ尺、同じ構成で作られても目新しいものを感じないといいますかなんといいますか。楽して動画数増やそうとしか思えないんですよね。やっぱり動画は時間かけるべきなんじゃないですか。

 

ついでにもう一つ言わせていただくと「○○リスペクト」って言葉が死ぬほど嫌いです。全く参考にしてなくてたまたま一緒の発想のものにすぐ「ここ○○のリスペクト」とかいうのやめてください。何かと有名作品と関連付けたがる視聴者層もどうにかならないんですかね。

 

あと新福島だの竹ノ塚だのしょーもない煽りはyoutubeだけでやってください。ニコニコに輸入とかクッソ寒いですよ。

 

以上が私としての意見です。自分以外の意見ももちろんあると思うので意見は受け付けます。

 

長文を読んでいただきありがとうございました。